sand cube

The more I learn the more I realize I don't know. The more I realize I don't know the more I want to learn.
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 即応
夏の東大OP戻ってきました.

国語回答&解答.

1.1)
自:マナーというものが、相手への贈与と見せかけつつ,返礼を相手に義務づける性質をもともと持っているから.(0)

正:マナーには破ってもよい余地が残されているため,マナーに適った行動に接すると,人々はそれが当人の意志や品格に由来すると思いがちだから.



2)
自:一方が示したマナーに対し,他方は自らが劣っていないのを示すため同様のマナーを返すことでマナーが成立していること.(3)

正:相手から示されたマナーに対し,それに見合う返礼をしなければならないという心理が,マナーに則った行為の繰り返しを促しているということ.



3)
自:自己の優越を示す目的を捨て,一切の見返りなしに自己を相手に差し出すことがおじぎの本義であるということ.(4)

正:人間関係を円滑にするためにマナーを示しあうような習慣を脱してこそ,自己同一性を放棄した自らのあり方を他者に示すことができるということ.



4)
自:差し出した自己を相手が無視や拒否,逆に受容する可能性を計算せずに,自らを無防備に曝け出すこと.(4)

正:拒否されて傷つくことになっても,無条件に招き入れられて歓喜を味わうことになっても,一切を相手に委ねて,無防備に自分を差し出すこと.



5)
自:身体技法のマニュアルとして身に付けたマナーにより身体を自己から離れた道具と化すが手段とならない目的そのものである他者に出会うとき,マナーは歓喜に満ちた純粋贈与としての歓待を身体で表現する作法としてよみがえるということ.(6)

正:目的そのものである他者に出会うことで,マナーが義務的所作としての贈与交換からじこならざるものへ自らを開く純粋贈与に変わるとき,自分の道具として他者に類型的に反応していた身体が,他者や宇宙との生きた関わりを可能にする作法を取り戻すということ.



傍若無人はあたしンちのおかげwww
分析はテスト明けに.
| comments(0) | trackbacks(0) | 23:48 | category: esame |
Selected Entry
PR311
Search this site
tempo e musica

ため息/リスト

ジオターゲティング
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
yamaha
Categories
Others
Sponsored Links