sand cube

The more I learn the more I realize I don't know. The more I realize I don't know the more I want to learn.
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
# 単音のサンバ
最近accuradioというiPhone appにはまってます。

海外のネットラジオなのですが、一曲ずつフルで聴けるしスキップもできる。
何よりジャンル別で細かく分かれたチャンネル数が半端じゃなく多い。
これで無料!?(apn-disabler入れてWi-fiで使っているので)って感じのおすすめアプリです。

クリックで挿入

今はBrazilian jazzにぞっこん。笑
BOSEにつないで何この音質!CDじゃん!と親にも好評です。

で、そんなジャズchを聴いていたら聞き覚えのある曲が...
慌てて画面を見るとone note sambaというタイトル。

これ、小学生か中学生の頃に聞きに行った室内楽のコンサートの
アンコールで初めて聴いた曲だったんです。
ヴァイオリンがずっと一つの音を弾き続けているのがとても新鮮で、
この曲なんだろう!?いい曲だなぁ〜と思ったのを覚えています。


まさか10年くらい経って分かるなんて...
はぁ〜。にしてもやっぱりいい曲〜。
続きに動画リンクしておきます。

続きを読む >>
| comments(0) | trackbacks(0) | 10:24 | category: diletto |
# amorale
ビレバンの件といい表現規制の法といい、最近そういう話題が多いですね。


教育上いくない(←この定義も個人で違うだろがっ!と怒られそう)ものが誰でも、
というか子どもでも手に入れ得る環境があるっていうのが問題だと思ってます。


だからといって法律で制限して、オモテから消せたとして。
それで解決はできないと思うんです。
解決どころかよりこじらせるんじゃないかなぁと。


より手に入れにくくはなるけど、でもがんばれば手に入る。
そういう微妙な深さが一番危うい気がします。

うしろめたさを失ったらだめなんじゃないかな。

そういう欲っていうのはひそかに持っているところまでがボーダーであってほしいなぁ。
ネットがあるおかげで人前で口にしないような意見でもおおっぴらに言えるでしょう。

新聞に実名で投稿するような人なんてごく一部だったはず。
それが今やtwitterやブログで堂々と意見できる時代なんですよね。


本当はみんな暗に了解してたはずの明らかな道徳というか、規範がかすんできてるそういう時代なのかなぁ。




だって兄弟とかがそういう世界にもしハマってたら嫌じゃないですか。
え、嫌じゃないですか…?そうですか…
自分結構昭和の頑固親父的な思考回路なので…
| comments(0) | trackbacks(0) | 17:26 | category: diletto |
# もうすぐ新学期
 3月下旬からこないだの日曜まで東京・京都・岡山を旅してました。
4sqやってるひとはぜひぜひfriendに♪
IDはprogressioneです。

今回は結構日程も長くて買い物ばっかりじゃ飽きるので、
美術館や博物館をいろいろ見ました。
東京:科博、国立新美術館、東大総合研究博物館、太田記念美術館
岡山:大原美術館
太田記念美術館は3月と4月で展示が違ったので2回も行ってしまった…浮世絵すごくいいです。

生で見るというのは本当に貴重な経験になると思います。
今なら大判の本だったりテレビ番組だったりで気軽に接することができる。
でも生にはやっぱり負けるんですよね。
大原美術館で観たムンクの絵(作品名忘れた…)の凹凸が強烈に思い出されます。
何十年も前の作品なのにその描いた勢いがリアルに伝わってくる。

浮世絵も「空摺り」というのがあって、着物の模様や雪を出っ張りで表す技法なんだそうです。
本で見ただけじゃ分からない。
これ一番気に入りました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:100_views_edo_oumaya.jpg
左下の簾に女の人が少し影になって見えててこれはもう。

生といえば新宿末広亭で円楽襲名披露口上観てきました。
面子がすごいのなんの…
歌丸さんが出たときにはもう一気にテンションが上がりましたとも。
「つる」面白かった。もう他で書いちゃったんですが、「つーッと来てポイと止まった」のあの手つきがなんだか色っぽくて今でも目に浮かびます。
しめの円楽さんはお客さんをみて演題を決めるらしいと後で知ったんですが、
まさかの「芝浜」!ああぁもう思い残すことないです。
落語のときって登場人物で目線を変えますよね。
その奥さんのときの楽さんの視線が、あの思い上がりだったらすみませんが、
ばっちりこっち向きだったんですよねぇ…むやみにドキドキした自分はどうしようもないです。ええ。

東大の「命の認識」展はきっと観たあとかなり重い気分になるだろうと思って覚悟して行ったんですが、意外にも大丈夫だったのには自分でも驚きました。
きっとその前に観たルノワール展のおかげかなぁ。
透けそうな肌の幸せそうなこどもの絵が思い出されます。
ああ、生きるよろこびってこれか!って思わされる。
ルノワールはやっぱりすばらしいひとです。

道路沿いの桜も見事で、春だ、また新しい1年!なんて浮き足立ってたくらいだからちょっと沈んだ方が丁度いいくらい。
でもキリンが忘れられない。毛皮を見て、生きるはずだったんだなぁ…もう少しだったのに…そういう一生ってどういうことなんだろう。そんな風に思いました。
骨にまでなってしまうとあまりに生身のからだと違いすぎて、生きる想像がつきにくい。

死ぬのは全然こわくないと思っています。強がりではなく。
でもどう死ぬのかがこわいといえばこわい。

さて、展示を観るときにきまって説明文があるわけですが、
そこにも疑問を投げかけていたのは本当に面白いと思います。
作品を観るのと同じかそれ以上の時間を、説明を読むのに割いているのは本末転倒かもしれない。
その場でしか見られないものを味わうだけ味わわなくては。
この言い方だと義務っぽくてだめかな。
生で味わえるものをめいっぱい吸収したほうが楽しいと思います。


今しかできないことをめいっぱい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 18:25 | category: diletto |
# dottore-医師-
 今日たまたま見た「夢の扉」。感動しました。

これをもし去年見ていたらきっと自分は目指したいと思ったろうな。
実際今思ってしまったくらい。

救急患者の受け入れ拒否の問題は簡単にすぐ解決できるものではない。
でも解決が無理なわけでもない。
上の組織に任せようとしないで自分から行動を起こす安田先生をただただ格好良いと思いました。
こういう大人になりたい。

それに引き替え自分は今何やってんだろ・・・なんて思ったらなぜか泣いてました。
久しぶりに涙もろい日だw

でも今できることに全力を尽くさないと。
そしてそれは今のところ勉強だと思う。
テストのための勉強はもうたくさんだと思うけれど、
でもいろんな知識が得られるならそれでもいい。
| comments(0) | trackbacks(0) | 21:24 | category: diletto |
# copernicanismo-地動説-
本を読めば読むほど、これからの科学の行く先が楽しみになってくる。
ところで科学と宗教の対立はよく取り上げられる問題のようで。

ガリレオの宗教裁判は、
どうも宗教(キリスト教)vs科学ととらえられがちだが、
その構図は正しくないと思う。

というのはキリスト教が地動説を受け入れなかったというよりは、
当時の社会(その中枢がカトリック教会)がそれを許さなかったという方が適していると思われるから。
先に地動説を示唆したコペルニクスはクリスチャンである。
聖書には天動説など出てこないし、
当時のカトリック教会は免罪符発行のように、かなり間違ったことをしていた。




ところでどうして日本人(とまで言っていいのか)は西洋=キリスト教=日本の対蹠点のように考える傾向があるのだろうか?

思うに、高校あたりの国語の授業が影響しているのではないか。
入学して一番最初に習った現代文のテーマは庭を通した西洋と日本の対比だった。
それ以降も何度もテーマは変われど日本と西洋を比較する文章が出てくる。

確かに日本文化は独特で興味深いと思う。
中国やアジア諸国、現代には欧米諸国に影響され、
それを取り入れつつも手をくわえ独自のものにしていく。

とはいえ、これは日本に限ったことなのだろうか?
たとえば隣国の韓国を見ても日本同様に独自の文化がある。

西洋といういくらか漠然とした領域と日本という島国を比べ、
結果導かれる結論は「西洋=一様で圧力的 / 日本=特異で柔軟」といったところ。
およそ教科書に出てくる文章はなぜかこういう結論に落ち着くのだ。
題材は全く違うのに。
こういう文章に少なくとも3年間触れ続けていると、
いつの間にか日本が西洋と同じレベルに思えてはこないだろうか。
比較するかたちがそもそも対等でないのに。

外国人が書く日本vs西洋論が読んでみたいなぁ。

それとも、
ある外国とアジアを比較したり、
逆に日本と他の一国を比較したり、
そういう文章はないのだろうか。

もしこの文書に反論されても、さらに反論するのに十分な知識はまだないと思う。
もっといろんなことを吸収したい。

また読みたいものが増えたなぁ。
| comments(7) | trackbacks(0) | 21:30 | category: diletto |
# pensiero-感想-
 久しぶりにサザエさんを見てるんですが。

1話目、駅の広告に「CD・DVD」って書いててびっくりです!
時代とともにサザエさんも変わってたんだなぁ。
最後の雨の日の小話はよかったなぁ。

今日は1か月くらいぶりにピアノを弾きました。
やっぱ弾いてないと指が鈍るな。
明日にでもショパンの舟歌の楽譜を入手しようっと。
| comments(2) | trackbacks(0) | 18:50 | category: diletto |
Selected Entry
PR311
Search this site
tempo e musica

ため息/リスト

ジオターゲティング
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
yamaha
Categories
Others
Sponsored Links