sand cube

The more I learn the more I realize I don't know. The more I realize I don't know the more I want to learn.
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
# スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | | category: - |
<< 被災記(i) | main | 被災記(iii) >>
# 被災記(ii)
 3/11(金)@仙台
地震1日目
同行:S木さん→Aちゃん

(前)

この日は10:00-12:00にS台での指導があった。
昨日までに買い物は済んでいたので、今日はもう午後出かけなくてもいいなぁと思いつつ帰宅。
(思えばこのとき駅の中を東口から西口へ通過していた)



お昼も食べてパソコンをつけ、さぁ何をしようかとデスクについたところで妙な揺れを感じる。
一昨日も揺れたよなぁと思いながら、これをpost.
https://twitter.com/progressione/status/46084701349363713



直後、全く収まらない揺れに怖くなりこたつに頭をつっこむ。
それでも強い横揺れが終わらない。
つかんでいたこたつの脚を引っ張るようにして全身もぐりこむ。
デスクの眼鏡、ペン、もろもろが落ちる。
本棚は安定した形だった(立方体がいくつもくっついた形)のか無事。



主要動が収まったと思われるところでとにかく外へ逃げ出す。
アパートは2階建てで、階段も難なく通れた。



近所はこんな感じ↓
川←[アパート][一戸建て] 駐車場 [一戸建て][一戸建て]→二高
     [ア パ ー ト][★アパート][一戸建て]駐車場
★が自分のいるアパート。



二高の様子も見てきた(グラウンドにしばらく避難していたがその後道路の向こうの体育館に行ったらしい)が、
結局向かいの駐車場でしばらく待機することにした。
そこで階下のS木さんと話す。
今まで同じアパートの人とはほとんど交流もなかったので、
こんなときに仲良くなるなんてなぁと思いつつ、
人間そんなものなのかなぁとも思う。



話している間も余震は大きく、多い。
電信柱やブロック塀のたおれそうな範囲に気をつけながら様子を見守る。
足下のみずたまりがこぼれそうに揺れていた。
次の日はびん・缶・プラの回収日であり、回収ボックスを急いで配達していた。
いかにもという感じの冬空。午後だというのにかなり寒い。


S木さんはラーメンを食べているところで揺れが来て、
そのスープの入ったお椀をなんとキーボードの横に置いたままらしい。
それはまずいですね!?と、言いながらとりあえず人と話せたという安心感でほっとする。



一時間近く外にいたがさすがに寒すぎて(あわてて出たのでコートも着ていない)、
また部屋に戻ることにする。
何かあったらお互い連絡しましょうと別れる。


ガスは止まっていたが、水はいつも通り出るようだ。
まったく電気は復旧しない。



しばらくしてからS木さんと少し外の様子を見に行く。
信号が消えていた。
ひどい渋滞だが事故は起こっていないらしい。
不安そうな学生たちと何人もすれ違う。

二高からは自転車で帰っていく高校生が多い。

信号を渡るのがあまり安全そうでなく、またひとまず部屋に戻る。
| comments(0) | trackbacks(0) | 11:47 | category: extrascolastico |
# スポンサーサイト
| - | - | 11:47 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://progressione.jugem.jp/trackback/124
トラックバック
Selected Entry
PR311
Search this site
tempo e musica

ため息/リスト

ジオターゲティング
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
yamaha
Categories
Others
Sponsored Links